FC2ブログ
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

見たまま札幌近郊バス情報

  : 

見たままの情報をお送りします!! 正確、的確な情報提供に努めます。 お気軽にコメントください!!

【ニセコバス】札幌200か2623など 

先月、小樽に行った際、知人のご厚意により、岩内まで案内していただき、ターミナルにいた新車2623に乗車することができました。
レインボーⅡで、ノンステ、中扉以降は中央バス同様の二人掛けシートになっていました。

niseko2623~
前田旭経由倶知安駅前行の2623です。

niseko2623~r~
リアより。

以下、札幌近郊情報です。
宮の森の某ディーラーですが、3週間ほど前からニューエアロ中古2630が中央塗装で留置、今日にはJHBの新車エルガが2台いました。また、琴似営業所ではブルリシティハイブリッドの264×を見ました。
発寒では、先週はJHBの7E中古1台、ニューエアロ中古1台を、今日は元川崎市営?のキュービックが3台ほど、JHBの新車?がいました。
整備工場は、札幌東の札幌22か1025、バンパーなしの元市営エアロ1台が新たに留置、札幌22か・860、1095、1096はナンバーがあるものの、ブルリ2台は登録抹消となっていました。
また、1095、1096の後にキュービック新塗装の中引戸車両が幕抜きで留置されていましたが、1521になるのでしょうか。
新川営業所では奥のほうで90年式の元市営日野車らしきが6台ほど幕抜きで留置でした。
札幌東では札幌22か1027、1028、1032他1台の元市営日野が幕抜き留置となっていました。先週東で2628、2632と中古を見ましたので、これらの置き換えかと思われます。
大曲では札幌200か2636ニューエアロ中古が配属になっていました。

今週に入り、知人より札幌22か2530が北24条からの新千歳空港に運用されていたと聞きました。
今日、千歳営業所の前を通ると2530が「地下鉄北24条駅」幕で待機、その後、運用されていました。
kita2530~kita24jo

《2月24日乗車車両》
室蘭22う・225(苫小牧駅前ターミナル)、札幌200か1754(高速札幌)、
札幌22か2734(円山小樽)、札幌200か2150(3手宮)、
札幌200か2623(岩内→倶知安、国富降車)、札幌22か3113(20小樽駅前)
この日の苫小牧泊まりのフル装備は2台でもう1台は1533でした。

《2月25日乗車車両》
札幌200か1971(円山札幌)、札幌200か1534(高速苫小牧)、

《3月4日乗車車両》
札幌200か2182(麻41麻生)、札幌200か2163(14札幌タ)、
札幌22か2276(14石狩庁舎)

スポンサーサイト
ニセコバス  /  tb: --  /  cm: 10  /  △top

【寿都】車内画像少々。 

今回は高速車編をしようと思ったのですが、昨年パソコンが飛んだときに画像も飛んでしまい、
画像があまりないことが発覚しました。汗

残ってる画像で今後、紹介していこうと思います。
今回は車内画像の一部です。

最初は札幌200か・766です。
この車両を見て、ニセコバスが好きになりました。
niseko766~in2~
このシートが座りやすく、大好きでした。

車内テレビが中央部にもありました。
niseko766~in~

次に札幌22か・800です。
niseko800~in~
第一観光の標準的なシートになるのでしょうか。
こちらも座り心地がよく、リクライニングがしっかり倒れて好きでした。

niseko800~tv~
テレビ撤去の跡が・・・。

今年の転属第一号の札幌22か1647です。
niseko1647~in
中央バスの当時の貸切の標準的なシートです。
岩見沢などに在籍してる同年式のセレガなどの貸切転用車両も同様のシートです。

最後に札幌22か2705です。
niseko2705~in2~

niseko2705~in~
このとき最後部より2列目の両窓側シートがなかったです。

話は変わりまして、30日朝の苫小牧宿泊所のできごとですが、
1267、1945、・957といまして、なぜか4便目の場所に1946がいました。
前日の運用が、札幌14時→室蘭、苫小牧19時→札幌、22時札幌→苫小牧F.Tなんですが・・・。

《9月30日乗車車両》
札幌200か・155(高速札幌)、札幌200か・705(高速苫小牧)
札樽間はJR、知人の車での移動でした。

札幌200か・705の輪厚通過時です。

ニセコバス  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

【ラスト】ニセコバス寿都線最終便は・・・。 

昨日で廃止の日を迎えてしまったニセコバス寿都線。
廃止になるのを聞いたのは7月下旬でした。
極力寿都車両乗ろうと小樽に行き、余市までではありますが乗車。

ブルリ貸切塗装が一番似合う路線でした。
もう乗ることもできないかと思うと、後悔しか残らないです。

いつか岩内、寿都へ、再び雄姿を見に行きたいものです。

時間的な都合で、最終日の最終便しか見ることができませんでしたが、
「急行寿都」最後の一枚を撮るときは、手が震えちゃいました。

最終便に抜擢された車両は、転籍直後の1634で、
最終便の運用車両が、ニセコ新参車両と言う何とも言い難い車両でした。

niseko1634~sutsu~
幻となる「急行寿都」幕の1634。

niseko1634~r~
リアより。

ニセコバス  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

【寿都】元札幌第一観光の車両 

明日で廃止となるニセコバス寿都線。
ここ何年か岩内、余市までではありますが、「これに乗りたい」と言う理由だけで何度か利用しました。

毎年のように車両が入れ替わり、その度に古参車両が置き換えられ、元中央バス高速車の最後の活躍の場となり、いろんな思いが頭の中を駆け巡りました。

明後日以降は岩内~寿都の雷電線に統合され、個人的に乗車機会がほぼ皆無となってしまいます。

手元にある寿都線で運用されていた第一観光車両の画像です。

《札幌22か・800》元第一観光

niseko800

niseko800~yoichi2287~.jpg
niseko800~

21 800

《札幌22か・403》元第一観光

niseko403.jpg
画像がなく、長万部運用です。

《札幌22か・402》元第一観光

niseko402~sutsu






ニセコバス  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

【この時期に】転籍情報いろいろと。 

先日、知人より小樽方面で動きがあったと聞きました。
今日、気になって行ってきました。

まず、小変化のあった2705が登場しましたので、早速撮影。
niseko2705~n.sutsu
「NB」マークが付きました。

次に画像はありませんが、札幌22か1216がおたもいから朝里に転属、3番で運用されてました。
朝里の札幌200か1401が2リーダーに変わっていたほか、何台か2リーダーに変更になったようです。

以下が今日のメイン?です。
札幌22か2935がニセコバス寿都に転籍。
無事に乗車することができました。
車内は一部シートが「CHUOBUS」のシートカバーでしたが、他は無地シートカバーでした。
小樽直通便廃止寸前のこの時期の転籍には驚きました。
2935、2938、1634と小樽方面に連なって走っていったと以前、聞きましたので他2台の今後が気になります。
そして、札幌22か・875の動向がそれ以上に気になります。
niseko2935~sutsu
1665とは異なるフロントの2935です。

niseko2935~r
リアより。

余市駅前周辺のバス停が変わってました。
015.jpg

013.jpg

014.jpg

《本日の乗車車両》
室蘭22う・447(苫小牧市営)、札幌200か1759(高速札幌)、
札幌200か・177(高速積丹神威岬)、札幌22か2935(急行寿都)、
札幌22か1657(急行小樽)、札幌200か・664(円山札幌)、
札幌22か2517(新千歳空港)、室蘭22う・236(苫小牧)

ニセコバス  /  tb: --  /  cm: 2  /  △top