FC2ブログ
01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

見たまま札幌近郊バス情報

  : 

見たままの情報をお送りします!! 正確、的確な情報提供に努めます。 お気軽にコメントください!!

札幌200か・169 

札幌北に在籍するトイレ付スタンダードデッカー。
04年12月から05年11月まで石狩に在籍して、
日本海るもい号専属車となった。
石狩在籍以前は、後志方面と岩見沢、登別、苫小牧、空港連絡バスの運用に、
札幌北復帰以降は、登別がなくなり、特急滝川の運用にも就いている。
kita169iwanai
高速いわない号の・169

kita169~nihonkai
某氏も大好き日本海るもい号の・169

kita169takikawa
見慣れない・169の特急滝川

みなさんにとって、どの・169が一番お似合いでしょうか・・・。
やっぱり真ん中ですよね??

いわない号の・169ですが、バスココを見ていると
岩内発最終が翌朝の始発に入る時期があって、その日を狙って撮影しました。

日本海るもい号と特急はわかりませんが、日本海るもい号に某氏が乗ると、この車両が来るそうです。
スポンサーサイト
中央バス高速  /  tb: 0  /  cm: 9  /  △top

路線紹介◆芦旭線 

旭川と芦別を平日8往復、土日祝6往復する路線。
集落以外では無停車の停留所が連なるが、途中のアップダウン区間がおすすめです。
通しで乗る客は3~5名ほど・・・。
昨年、3度ほど乗車しましたが、いずれのときも旭川22か1246でした。
asahikawa1246~
旭川到着後、回送する1246
asahikawa1246~2
リアより

04年12月のダイヤ改正以降、旭川営業所の担当路線は、あさひかわ号とこの芦旭線のみとなり、路線車も1246と旭川200か・316のみとなる。
この2台が当然のごとく芦旭線専用車で、私が見てる限りでは固定運用されている。
昔の旭川担当は三菱セミロマの2台で、ばんけいバスに在籍する車両も
この運用をこなしていた。
asahikawa246~
今でも、ごく稀に高速車も入る

芦別営業所は基本的にレインボーが運用されてることが多いが、
高速車も稀に運用される。
昨年冬には引退間近の札幌200か1317も運用されていた。
10数年前に乗車したときには、現石狩の札幌22か1795に乗車した。


芦別を出て、市街を抜けると単調な景色が続きますが、一度是非、乗車してみてください!!
運賃表の料金の上がり方が驚異的です・・・。
乗車時間×20=運賃みたいな・・・。
芦別~旭川間所要時間75分で1230円・・・。
時間によっては買物回数券も使えます。


-- 続きを読む --
中央バス空知  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

札幌22か2284 

後志管内お二方の喜ぶ車両。
余市梅川車庫所属の中ロマ車。
新製配置は石狩営業所だった・・・。

余市の三菱中ロマ3台と石狩の日野中ロマ3台が交換となり、余市に転属。
石狩から2283、2284、2666と日野の当時の新しい車両3台が消えた・・・。
が、貴重な札幌22か2518という貴重な車両が石狩にやってきた。

撮影日とは異なりますが、偶然にも昨年10月に2284に乗車。
転属後初めて乗車したのですが、石狩時代の記憶がそんなにないのに
月日を感じました・・・。
yoichi2284~


一昨年には2666にも乗車したのですが、このときは中扉戸袋付近に
“札幌リンクルバス”のステッカーが貼付されたままでした。

小樽に行くと、何故かよく見かける2284・・・。
yoichi2284~2

今後の活躍を期待したいものです。。。。

ishikari2518
参考までに・・・。余市から転属した2518
中央バス小樽  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

旭川200か・328 

今日も空知中央バスの続編で・・・。
ここ一年で車両の動きがあるたびに、気になっていた87年式日野大型ショート。
87年式日野ショートは全て滝川に札22あ4962~4968が在籍していた。
その登録変更車ですが、元車番については私はわかりません。

sorachi328~
非冷房でもまだまだ現役!


04年12月に札幌200か1434という同型式車両が、空知中央バスの
滝川営業所に突如現れた。
深川の3台のうちのどれかが、再登録変更されたかと思いきや、
04年夏ごろまで空知工場で留置されていた車両のようでした。

05年夏、芦別~おたもい~白石と渡り歩いた札幌22か・707が
滝川に転籍。1434は離脱した。

そして、先日またも同型式の仮ナンバー姿での幕抜き回送・・・。
ついに・・・という気持ちが抑えきれず、深川まではしりました。

滝川に行くも、元市営車、中ロマばかりで確認できず・・・。
音江車庫でもらしき車両は確認できず・・・。
やはり離脱か・・・と思った矢先、深川タから車庫に回送する・328を確認・・・。
何だか、とてもホッとしました・・・。

sorachi328~2
引退間近?? 乗車はお早めに・・・。
空知中央バス  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

旭川200か・・22 

深川所属の日野ワンステップ中ロマ車。
深川~旭川で一度、乗車したことがあるシート柄に特徴のある車両。
空知中央バス唯一のLED装備車で趣がある。
雨竜経由の滝川~深川に入るときは、
「雨龍経由」と表示され、幕車の「雨竜経由(経は略字表示)」
とは異なる。
22~38
隣は芦別所属車


sorachi534
幕車の滝川-雨竜-深川


sorachi22
某氏が乗りたいって言うのもよくわかる・・・。
空知中央バス  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

中央バス空知管内情報いろいろと 

車両ネタが尽きたわけじゃありませんが、本日は見たままのご報告を・・・。


今日は、月寒在住の某氏を半ば監禁状態で、滝川に行こうと思っていました。
白石営業所、江別営業所を経由して岩見沢へ。
途中、白34の運用に就く札幌22か・273を久々に見て、感動・・・。


江別市内線の運用に就く中ロマ車を見て、もったいないなぁと思う。
平岡と江別の中ロマって不必要な気がします。
まぁ、平岡の中ロマはジャスコ送迎に使われていますが、
中ロマ使うなら貸切か空港連絡を使えば・・・と思います。

その後、国道12号を北進。岩見沢市大和で、空知中央バス幕抜き・非冷房大型ショート車の仮ナンバー車を目撃。いよいよ運用離脱のようです。


岩見沢市内で特急滝川に入る、札幌22か2531を目撃。
とても、驚きました。

市内を一通り見てから岩見沢営業所へ。
先日まで空知工場にて留置されていた車両のうち、
札幌22か・677と・679が幕抜きで留置されていました。
先に離脱した、教習車の札22あ4545、札幌22か・256の姿は見れなかったです。


先ほどの、空知中央非冷房の目撃で深川も気になり、高速で奈井江砂川インターへ。
空知工場に行ってみると、離脱車が消えていた。
もしかして、転籍?と期待・・。

また、工場内には、最近、滝川営業所に復帰した札幌22か1663の姿がありました。
昨年4月下旬に離脱して、6月くらいに岩見沢に転属、9月に一度乗車しましたが、スイング扉部分の不具合が非常に気になりました。
1月半ばに夕張での運用を確認してるので、それ以降の復帰となる。


滝川でしばし車両観察。雨竜経由深川で旭川200か・・22が運用されていて、某氏が感動・・・。乗りたいを連呼してました。
音江経由の経路で深川へ。


途中で、旭川22か1146とすれ違う。
助手席の某氏、またも乗りたいとぼやく・・・。
車両の変動はないようでした。
非冷房ショート旭川200か・328が現役。
離脱した車両が気なる・・・。


深川到着後、雨竜経由の経路で滝川へ。再び、深川行き・・22とすれ違う。某氏、ぼやく・・・。
平岡から札幌東に転属した札幌200か・・11好きな某氏。
11×2の22も好きらしい。


滝川到着後、再び車両観察をしてから札幌へ。
再び近いうちに滝川方面、特に深川へ行きたいと思う一日でした。


※画像は都合により、掲載いたしません。




中央バス空知  /  tb: 0  /  cm: 6  /  △top

札幌200か1028 

元々は旭川ナンバーだったこの車両。
旭川時代は、旭川~深川、旭川~芦別で運用された。
03年春に旭川にレインボーが配属され、3台の中ロマ僚車とともに
滝川、もしくは芦別へ転属。


滝川営業所唯一のいすゞ中ロマ車だった。


05年4月中旬、砂川から空知工場までこの車両に乗車したが、
翌週には石狩で運用されて驚いた。

ishikari1028~


石狩にはこのとき、札幌22か2758、札幌200か1029も転属した。
また、空知管内から唯一のいすゞ中ロマ転属車が、この車両で、石狩に転属してきたいすゞ中ロマ車両は、全て千歳からの転属である。


中央バス札幌  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

札幌22か・675 

滝川所属だった4代目日野大型ショート車両。
と言うのも、昨年12月に離脱し、今は空知工場で幕を抜かれて
留置されている。
新製当時からか定かではないが、覚えのある時期からずっと、この塗装だった。

takikawa675~.jpg
この方向幕とともに滝川市内から消えた・・・。
takikawa676~2

この塗装は“広告塗装”ではなく、
砂川ハイウェイオアシスのこどもの国と砂川、滝川を結ぶ(夏季限定)路線の専用塗装車であった。
この路線がなくなってからも、僚車・676とともに、このカラーリングのまま運用されていた。

昨夏くらいに、・676は新塗装に更新されたが、・675はこのままだった。
takikawa676


歴代の大型ショート車・中型車は、大型車より1年早く引退する傾向があり、
これらの僚車のほとんどが、空知工場にて同様に留置されている。
しかし、以前、離脱した車両でも、空知中央バスに転籍して活躍する車両もいるので、これらの車両の中から運用に復帰する車両が現れるのを祈るばかりである。

近いうちに滝川に行こうと思っています。
その際に、これらの車両、空知中央バスの非冷房車の動向を確認してこようと思っています。
新車導入時期も近づき、空知管内から大型車がほぼ消滅した今、ひょっとすると、空知中央バスの大型車が転籍して、札幌圏に現れるかもしれない・・・。
そんなことを考える今日この頃です。

中央バス空知  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

石狩温泉“番屋の湯”送迎バス 

石狩市内で番屋の湯利用者用に運行される無料送迎バス。
市内の中央バス停留所を使用するが、各停ではない。

当初は、中央バス石狩営業所が担当していたが、現在は第一観光が
運行している。
開業当初から、札幌22か・450が専用塗装車となり運用についていた。
第一観光に担当が変わってからも、・450が転籍して運用についていた。

この車両がいつまで運用されるか気になっていた7月下旬に、ようやく撮影もでき、今後が気になっていた。

8月に入り、プロパー塗装の第一観光車がはいり、離脱かと思いきや、
一度復活するも、下旬以降は全く見ることがなくなった。

daiichi450
“元祖番屋の湯送迎バス”

daiichi1160
8月下旬のある日の運用車

daiichi1160~2
リアから12月下旬のある日の運用車


daiichi1163

札幌第一観光  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

札幌22か・831 

元々中央バスの貸切車だったこの車両。
中央観光バスを経て、ニセコバスに・・・。
中央観光バス時代は、ワンデースパの送迎バスにもなっていた。

中央観光バス時代までの僚車、・832、・833、・834は、
一足先に中央バス札幌北営業所に籍を変えて、高速車として運用された。
04年春に行方不明となった・・・。

・831は、現在路線車として運用され、現在も小樽~ニセコなどで
任務についている。
この車両だけではないが、ニセコバスには見慣れない車両がある。
“貸切塗装のリア広告付き車両”である。

niseko831
前から見ると違和感ないのに・・・。

niseko831~2
どうも気になるリア広告・・・。

参考までに・・・。
niseko981~2
札幌22か・981

何故か高速塗装のリア広告付きは見ない・・・。
すごく気になる今日この頃です・・・。



ニセコバス  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

前面方向幕部分の謎 

9月くらいのことだった・・・。
後志管内在住の某氏より、2216の前面幕部分が変とのこと・・・。
10月に小樽市内で2216を見てみるとどう見てもおかしい・・・。

asari2216
先日撮影した2216

2216zenmenmaku
前面幕部分(右側)

その後、石狩の同型車にも異変が・・・。
ishikari2223~2
05年10月下旬の2223

参考までに・・・。
ishikari2223
05年7月中旬の2223

そして、2代目ホワイト急便広告塗装車にも異変が・・・。
ishikari2413
最近写したものの、これも昨年10月くらいから変だった・・・。

この車両は変わっていなかった・・・。
ishikari2518
近いうちに、この車両も記事にします。
中央バス全般  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

札幌22か2219 

西岡に在籍する、どう見ても何ら変わらない三菱車。

あえて何も言う必要ないのですが、2219は某氏2がお気に入りです。

nishioka2219
リア広告枠がないからなのだろうか・・・。

nishioka2218
参考までに2218。某氏は、苦手らしい
中央バス札幌  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

幌車庫在勤車 

今回は、空知中央バスの浜益地区の運用を担う幌車庫在勤車についてです。
この路線は中央バス滝川営業所の路線でしたが、数年前に北空知バスに移管されました。
しかし、当時の浜益村に運行を委託された路線?で 幌車庫在勤車3台には 前タイヤハウス部分に「貸切」の文字が入る。
在勤車3台のうち2台は 中央バス滝川営業所からの転籍で 1台は深川営業所の旭川ナンバーからの登録変更車両である。

sorachi3110
どう見ても通常の大型ショート車
この車両のシートは、運転席側全列に通常路線用シート2人掛けが
配列される。札幌22か3203も同様のシート配列になっている。


sorachi753
こちらは通常の中ロマ車
この車両はシート柄こそ違うものの、中央バス本体とほぼ同一の仕様となっている。


明日は、某氏2がなぜか好きな車両、札幌22か2219についてです。
空知中央バス  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

札幌22か2968 

こちらも札幌北の高速車。
先述の2966とは違い、新製配置時は今は亡き月寒営業所だった。
月寒時代は、のぼりべつ号、とまこまい号、空港連絡バスで運用された。
98年12月に札幌北に転属し幅広い運用に就くようになる。

04年8月下旬、密かに?西岡に転属。始発岩内行き専属車となった。
同年12月には、前述の・160とともにいわない号の運用に就く。
おたる号の運用に入ることもあった。
kita2968.jpg
札幌北復帰後の岩内運用に就く2968

05年3月下旬、西岡に在籍した3台の高速車は札幌北に復帰。
札幌北の通常の運用に戻った。
ただ、他のトイレ付車両と異なる点が1つだけあった。
特急札芦で、この2968と2969を見ることがなかったのである。

11月下旬、後志管内在住の某氏と札芦に乗りに行ったのですが、
このときに運用されていたのが2969で、次の便は2968でした。
初めて、この2台の芦別運用を見たのですが、幕が入ってない・・・。
片や「北海道中央バス」のサボ対応、片や「白幕」でした。
kita2969
参考までに2969の特急芦別

未だに短期間しか在籍してないのに、西岡のイメージが強い2968。
道外在住某氏をはじめ、後志管内のお二方、某ブログ管理人、某氏2、私たち身内では、ある意味レアな車両である。
kita2968~2.jpg
特急滝川運用前の2968

中央バス高速  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

札幌200か・160 

札幌北に配属されてるトイレ付のセレガFS。

後志方面や苫小牧の高速便、空知方面の特急、空港連絡バスと
幅広く運用される。
04年12月から05年3月下旬まで、西岡に在籍して
先に転属した札幌22か2968とともに、札幌北担当のいわない号
2往復を担当した。

05年春以降は特急芦別でも運用され、札幌北担当の最後の特急芦別も
この車両だった。
9~kita160~~~.jpg
最終日は・161と・160が運用された札幌北特急札芦


昨年12月からは滝川までの路線縮小となったが、
この車両には「特急滝川」の幕は入っていない・・・。
遠軽や中湧別など間違っても使用されない幕が入ってるので
個人的にはとても興味深い。
20060213221130.jpg
前面幕と側面サボが何とも言えない・・・。

中央バス札幌  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

札幌22か2966 

ご存知、札幌北の高速車です。
メインにどこで運用されるわけでもなく、北へ南へ運用される。

空知方面の運用には基本的に違和感を覚えないが、
空港連絡バスを除く南方面の運用には戸惑いを隠せません。
例えば「高速むろらん号」・・・。
砂川ハイウェイオアシスの広告塗装にも関わらず、砂川とは縁のない
室蘭行きって、どうなんでしょう・・・笑

20060212220815.jpg
高速むろらん号の2966


ちなみにこの運用の前には市内線09番の運用についていた。
20060212220650.jpg
何故か、09番だけサボがある・・・。


ごく稀にいわない号の運用に就くこともあり、以前に塩谷辺りで見たときには、開いた口がふさがりませんでした・・・。

空知方面で運用されるときでも、このときはレアって思っちゃいました。
「高速滝川」なら納得ですが、「特急滝川」ですから・・・。
20060212220502.jpg
う~ん・・・・。
中央バス高速  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

札幌200か1507 

2005年3月中旬に久々に導入された中扉ロマンス車。
掲示板などで情報を見ていると、エルガと合わせて4台いるようで
自分なりに配属先の予想をしていました。

結論的に路線運用に就いてる前扉車4台いる石狩ではないかと見ていました。
そして、この4台は真栄に転属と思っていました。
整備工場に石狩にいた1台の高速車と3台の貸切塗装車が、札幌整備
工場に留置されていて、中ロマ4台は石狩に配属となった。
高速車は後に、予想がはずれ高速車3台が平岡へ転属、貸切塗装車は
登録抹消となった。

ishikari1507~.jpg

画像は見にくいですが、札幌発の普通便厚田役場行き。
現在は石狩市と合併したため、厚田支所行きとなっている。
中央バス札幌  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

はじめに 

本日から、ブログを開設します。

不慣れな部分も多く、ご面倒をおかけする点もございますがご容赦願います。

このブログでは、私自身が見たこと、思ったことに基づき記事を書いていきます。
感想などありましたら、コメント欄にご記入頂ければ幸です。

開設当初はフリー公開しますが、時機を見てパスワード制にて
公開させていただきます。
その際は、ブログ記事にてご報告いたしますので、コメント欄に
アドレスを記載して投稿願います。

それでは、未熟者の私のブログではありますが、末永くご愛顧のほど
宜しくお願い申し上げます。


はじめに  /  tb: --  /  cm: --  /  △top