FC2ブログ
05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

見たまま札幌近郊バス情報

  : 

見たままの情報をお送りします!! 正確、的確な情報提供に努めます。 お気軽にコメントください!!

【元芦別】札幌22か1664 

続いては、岩見沢に在籍する札幌22か1664です。

新製配置時は芦別。
当然のことながら特急札芦線専用車の1台として運用されていました。

私の手元に資料によると、94年の春に札幌22か1985と交換と言う形で岩見沢に転属となっています。
当時、岩見沢営業所にはセレガの高速車は在籍していなく、セレガのいわみざわ号というのは稀に入る札幌北の札幌22か1277くらいで、この1664の転属は個人的にとても貴重なことでした。

一時期、美唄在勤として運用され、びばい号で見慣れていましたが、現在は通常運用に戻っているようです。

先日、札幌駅前で見慣れない幕をした1664がいました。
みかさ号での運用なので、当然と言えば当然ですが、どうも違和感がありました。

iwamizawa1664~mikasa.jpg
17時55分の三笠行きでした。
スポンサーサイト
中央バス高速  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

【余市特集2】札幌200か・170 

続いて2台目です。
画像があるのはこの2台だけですので、転属特集は撮影でき次第
再度記事にいたします。

こちらも真栄に新製配置された車両。
この年から日野と三菱のテレビなしのトイレ付車両はスタンダードデッカーになりました。
札幌200か・169という、ここでは有名な車両?も同じスタンダードデッカーです。

正直、余市へのこの車両の転属は未だに信じられず、ただただ驚くばかりです。

masakae170.jpg
偶然にもしゃこたん号に運用されていた真栄時代の・170
中央バス高速  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

【余市特集】札幌22か2950 

今朝起きてバスココを見ていると、
始発の岩内行きに・137が、次の便には・139がされていました。
夕方、札幌駅に所用で行くと、16時45分都心からの空港行きに予定通りに・137、17時40分特急滝川に・139の運用でした。
17時45分の砂川経由滝川には札幌200か1267でした。

さて、今回は先日余市に転属した札幌22か2950です。
見ての通り、富士重工ボデーですが日野です。
この年から折戸の高速車の導入が開始されました。
僚車2951は現在積丹町の広告塗装になっています。

masakae2950.jpg
昨冬、北大経由の小樽行きに運用される2950
中央バス高速  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

【続報】小樽市内いろいろ 

更新が滞り、ご期待している方々にお詫び申し上げます。

昨日ですが、天候の様子を伺いながら小樽に行ってきました。

行きは夕方の円山経由おたる号、札幌22か2029でした。
この便は朝のいわみざわ号に入る運用です。

ちなみに当日夕方の札幌北担当は
16時55分札幌200か・706
17時13分札幌22か1680
17時25分札幌22か2029
でした。
以降、小樽駅前で札幌200か・138を目撃。
やはり避けきれず・・・。

その後、知人との食事前に小樽市内線に乗車。
最近転属した。札幌22か・604に乗車。
運賃表示器は付いているもののしようされずに不表示。
しかしながら、元札幌市営車・日産ディーゼルと小樽には馴染まない
車両に乗車できて、とても充実していました。
そんな矢先に、札幌200か・137が札幌からの小樽行きに。
そして、個人的に一時期苦手だった札幌22か2964も小樽の運用に就いていました。

小樽市内線でもう1台、札幌22か2418にも乗車しました。
先日、札幌整備工場で塗装更新を終えて、朝里の運用に復帰していました。
2421はどこに行ったのでしょうか?

食事後、2964に乗ろうと小樽駅前に移動。
円山経由札幌で、こともあろうに札幌200か・139が待機。
久々にこの3台を短時間で目の当たりにして、言葉を失くす・・・。

・139乗車覚悟でいたのですが、乗車便には2964が運用され
事なきを得ました。

この日の真栄の天神町には札幌22か2012が運用されていました。

また、21時の小樽駅前で見た違和感ある光景をご紹介します。
前にいた18番余市梅川車庫行き札幌200か・165が
当然のごとく、駅前をでて左折して余市へ。
後ろにいた札幌からの到着便札幌200か・164が、真栄に向けて回送のため右折。
・164が余市から真栄に転属していました。

昨日の見て得た情報はこれくらいです。
中央バス小樽  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

【真栄復帰】札幌22か1682 

続いて、先日余市営業所から真栄営業所に復帰した札幌22か1682です。

新製配置は真栄でした。
正直、この頃の小樽管内は路線車も含め、ほとんど把握できてなく、
高速車が余市に配属されてることすら知らない状態でした。

いつ転属したか、私には当然わかりませんが、いろいろな方から
余市に在籍している話を聞き、乗車したりして知りました。

今春あたり離脱するのかなって思っていたのですが、
岩内の1246、1248、1250も運用されていて
どうなるかと思った矢先の真栄復帰でした。

5月くらいだったと思いますが、小樽市内の18番で乗車した記憶があります。

今はいわない号でも運用されいるようなので、近いうちに乗れたらって思います。

yoichi1682~syakotan.jpg
昨年の今頃の1682

yoichi1682~.jpg
この幕の1682も見ることはできなくなりました。
中央バス高速  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

函館市内いろいろ? 

次に函館市内のバスです。

まず目に付いたのは、函館バス市内線用バスの側面窓の前のほうに
「新五稜郭タワー」の案内が、ほぼ全車に貼り付けられていました。

昨年8月に導入されたブルーリボンシティ・ハイブリッドの2台を見たのですが、
函館200か・302には、北ガス?の天然ガス広告車でした。

他に、ナンバーは確認できなかったのですが、
市内線に10数年前製造の三菱中型の前扉車が運用されていて
とても驚きました。
一般路線車運用以外の運用を初めて見ました。

また、富士重工5Eも多数が現役で運用されていました。
なかでも丸目四灯の5Eを見れたのが特筆事項です。

中長距離用のブルリシティを見るのも楽しみにしていたんですが、
見れたのは1台のみで、函館~長万部の運用は初代エアロのスタンダードデッカーで
落胆しました・・・。

次回いつ行けるかわかりませんが、次は市内線に乗車して散策したいです。
その他  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

函館登山バス 

今日最初の更新は、先週行ってきた函館での感想です。

感想と言っても、観光目的で行ったのでバス画像はありません・・・。
撮りたかったのですが、連れがいまして・・・。

まずは、唯一乗車できた函館山の登山バスの感想を・・・。
当初、宿泊先の湯の川から函館駅前に行き、路線車の登山バスに乗車しようと思っていたのですが、
ホテルで、湯の川から直通の登山バスが運行されてるのを知り、こちらに変更。
北都交通・檜山観光で運行されていて、バスで函館山往復で1200円、バス~ロープウェイ利用で往復1800円でした。
迷わずバスのみのコースにしました。

個人的な推測で、バス1台で湯の川から函館駅前を経て、ロープウェイのりばに行き、
ロープウェイ利用者を降車させてから登山道に・・・と思っていたのですが、
時間になって来たのは檜山観光の2台で、バスコース、バス・ロープウェイコースは別の車両でした。

私が乗車したのは、函館22か・・37のブルーリボンロッド式シフトでした。
北都に期待しつつも、檜山観光にも乗ってみたかったので、良かったです。
バスは、湯の川のホテルに停車しながら、直行で函館山登山道へ。
昼間に車で登ったのですが、バスで行くのもなかなかでした。

登山道に入ると、まず車内灯が消され、少しでも函館山の景観を害しないように運行します。
そして、対向車線バスとのすれ違い・・・。
8台くらいとすれ違いましたが、道幅が狭く、ミラーとミラーが擦りそうな状態でした。

山頂に到着すると、30分の見学時間が与えられます。
これは山頂駐車場の駐車時間が限られていての措置です。
定期観光バスは優先的に停められるので支障はありませんが、
貸切バスでは、何時間も待たされるときがあると、ガイドさんが仰っていました。

山頂の景色は省略して・・・。
駐車場には、北都交通の定期観光も来ていて、こちらはニューエアロ2台でした。
初代エアロは全て転出・離脱したのでしょうか・・・?
函館バスの一般登山バスもいたのですが、相変わらず、元函館市営のエアロスターでした。
見たうちの1台は、路線シートでありながらロマンスシートの配列でした。

登山道の下りは、エンジンブレーキを使いながらの走行・・・。
エンジン音だけ高く鳴り響き、車内は暗くて前も見えなく、迫力満点でした。

そしてバスは、湯の川に戻りました。

私が乗車した便の利用者は32人で、他の定期観光も多々利用者がいました。
車内にあった乗務報告書?には「北都交通」と書かれたように見えたのですが、運行委託なのでしょうか・・・。
パンフレットには両社の会社名が記載されており、運用ともども気になります・・・。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示頂ければ幸です。


その他  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

【速報?】中央バス転属車いろいろ その2 

一度帰宅したのち、所用で再び石狩へ。

途中で、02番の札幌ターミナル行きと思われる札幌200か・137を見て憂鬱に・・・。
ちなみに、・139は02番始発でした。

麻生で札幌200か1793と遭遇。
前から見る限りでは違和感なく見える・・・。

所用を済ませて帰宅した後に、今度は札幌東に・・・。
89年式元市営の動向が気になってのものでした。
2台ほどしか確認できず・・・・。
朝里に移動した車両のほかが気になる・・・。

次に白石へ・・・。
なぜか、ここに札幌東で求めていた車両が・・・。
転属なのか整備なのか・・・。
10台の離脱車がいました。

そして、江別へ。
ここに、個人的な推測では、転籍車がいるはずと思い・・・。
結果的に発見できず・・・。
妄想に過ぎないのか、再度見に行こうと思います。

最後に岩見沢へ。
先日、岩見沢在住の方から衝撃的な画像を頂戴して、
その確認のために・・・。
札幌22か1962が車庫の奥に駐車。
どう見ても転属以外の何物でもない。
そして、札幌200か1799。
87年式非冷房の大型ショートの日野車。
元ナンバーは旭川200か・328か・329と思われます。
「ポスフール送迎?」のサボが見えました。

岩見沢で車両チェックしていると例の車両が来ました。
札幌200か・137・・・。
特急札幌でした。

帰り道、高速道を降りてから、名寄からの札幌200か1754を目撃。
外から聞くシフトチェンジ音は、日野そのものでした。
中央バス全般  /  tb: 0  /  cm: 9  /  △top

【速報?】中央バス転属車いろいろ その1 

昨日、早朝4時半過ぎに起床し、札幌整備工場まで往復してきました。

平日の整備工場は、昼間に行くと勤務されてる方の車で、
離脱車の詳細を確認しにくいので、平日行くときはこの時間になってしまいます・・・。

まず、岩見沢の札幌22か1213と1461が幕抜き留置されていました。
離脱車は平岡の日野が1台増えていました。
朝里からの幕抜き留置車札幌22か2421がいなくなっていました。
どこかに配属されたのでしょうか・・・。

確認でき次第ご報告いたします。

石狩営業所敷地内にて、噂の札幌200か1793を見ました。
中央バス全般  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

【出戻り】札幌22か1663 

今日は札幌22か1663です。

新製配置は滝川営業所で、滝川担当の高速路線で運用されていました。
昨年5月くらいに空知工場で留置。
幕こそ抜かれなかったものの、運用に就く姿は見なかったです。

その後、空知工場から消えて、どこに行ったんだろうと気になっていたら
9月にいわみざわ号にて運用されているのを確認・・・。
9月下旬、乗車するために岩見沢へ・・・。
札幌からのいわみざわ号で到着し、2時間ほど待ってようやく乗車・・・。

初めての1663に乗車できました。
乗車して一時期離脱した理由が、わかったような気がしました。
扉に相当の不具合が生じていて、乗務員さんが苦労していました。

今年1月下旬、夕張行きの1663を見たのですが、これがいわみざわ時代の最後で、
翌月には滝川に復帰、再び滝川管内の運用に戻りました。

今春札幌200か1760が配属され運用離脱になったようで、
空知工場に留置されていました。

iwamizawa1663.jpg
岩見沢在籍時代の1663
中央バス高速  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

【ミラーに注目!!】札幌200か・965 

画像を探していたらでてきたので、もう1つ・・・。

真栄所属の何とも変わりのない、三菱のスタンダードデッカー。
後志管内在住の某氏に・965の両サイドミラーに、「レッド
ダイヤモンド」が貼られてるとお教え頂き・・・・。
このような小さなお洒落をした車両は他に入るのでしょうか・・・・。

masakae965~.jpg
じ~っと見てみると・・・・。見えますでしょうか・・・?
中央バス高速  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

【これも??】札幌22か1962 

こちらは昨日、メールで頂いた情報です。

札幌22か1962がいわみざわ号の運用に就いていたとのこと・・・。
ここ数年、新車配属が落ち着く頃になると、岩見沢に芦別や滝川から転属車が来ているような・・・。
札幌22か・241、札幌200か1317、昨年は札幌22か1663・・・。

個人的に1962の札幌北在籍時には、とてもお世話になった車両で
愛着のある1台でした。
新製配置直後のたきかわ号での乗車や、岩内運用前の02番始発での乗車で驚いた記憶、
昨年冬の岩見沢~滝川間高速通行止めでのたきかわ号での乗車・・・。
他にも多々思い出が・・・。

近いうちに乗りに行けたら・・・と思います。

ashibetsu1962.jpg
5月24日の画像です。芦別在籍期間わずか半年・・・。
中央バス高速  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

【えっ?うそっ?まじでっ?】余市に三菱車が復活!? 

更新ができない日々が続いて申し訳ありません・・・。

今週は週始めから函館に行ったり、仕事が多忙で更新できませんでした・・・。

余市に三菱が復活とのタイトルですが、札幌22か2518が復帰したわけではありません・・・。

今日の夕方に、携帯にとある方から一通のメールが・・・・。
札幌22か1682が方向幕を抜かれて、小樽方向に向かったとのことでした。

その後、遠路はるばる余市梅川車庫に向かわれ、車庫内に
札幌200か・170、・664が留置され、
さらには札幌22か2950も留置されてるとのことです。

近いうちに運用が開始されると思いますが、私も早く見てみたいものです。
元所属の車両の画像は、後日掲載いたします。

今週は火曜日以降に、多々更新していきます^^
ご期待ください^^

中央バス小樽  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

【ぬ?】今日の高速岩内。 

今日、知人から携帯にメールが来て、

札幌発の岩内行き始発に札幌200か1754が運用されてると・・・。
昼過ぎには乗車した方からもメールが・・・。
驚きで開いた口がふさがらない状態に・・・。

夕方には別の方から、岩内行き2便目には札幌200か1294が運用されていると・・・。

ちなみに、平日の岩内行き1便目は岩内往復後、空港連絡バスの運用になり、20時過ぎの都心行きに・・・。
同じく平日2便目の岩内行きは、02の始発、岩内往復、17時40分特急滝川と運用される。そして、翌朝の滝川始発の特急札幌、もう一度、特急滝川で往復となります。
すごい運用で驚きです・・・。

masakae1661~iwanai.jpg
真栄所属の1661。岩内在勤担当便の運用に入ることも多々・・・。
中央バス高速  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top